ビオトープの壺 - 家をくつろぎの空間に!





ビオトープのレイアウト植物−睡蓮(スイレン)







ビオトープのレイアウト植物−睡蓮(スイレン)





植物の情報


植物のなまえ(和名) 睡蓮(スイレン)
植物のなまえ(英語名)  
学名 Nymphaeales Dumort. (1829)
タイプ
屋外で越冬可能?  
説明 熱帯魚ショップというところにいくと、熱帯性睡蓮とかいていあるものが売られているので注意して下さい。これは、育ちません。冬に枯れ果てて、翌年発芽することもありません。





植物を使ってビオトープをレイアウト


一体どうなっているのでしょうか?この国の社会保障は??って考えると、無いと考えていた方がいいと思いつつも、それ以外にないわけで、それがない場合、いつまでもアルバイトをし続けるということもあるわけです。それがこの国の普通となりつつあるのでしょうか。

普通に考えると、サラリーマンや、とくに公務員のように年をとるほどにカネがもらえるというのは、とても不自然なことでして、ふつうじゃないわけです。それが特別な権利的な慣習により実現されています。

これを目指して、若い人は全員がいい大学を出てこの権利を手に入れようとしていますが、一度失敗すると、もう権利喪失です。 さて、そうなったときにはもう、自然の流れに身を任せることになりますが、それは厳しい。そう、年をとったら経験があがり、技術は向上するのですが、逆に技術なんて求めてないのがこの国の雇用というもの。

一切そういうものを排除して、誰もが最短期間でできるような職人いらずの製造業が代表するように、若い人のほうが価値が高いわけです。そうなると、一番困るのが、年を取って仕事を得なければという人です。この問題を解決できなければ確実にこの国は終わります。

さて、それとは別に方舟の中だけであれば、理想的な環境を作り出すことができます。

お金をかけずに、だれでも、少しの空間で。

それはビオトープです。

ここでは、いくらでも好きな様に自然を操ることができます。そんな公のちからがたりないというもどかしさや予算がないという言い訳もありません。

ただに近い費用で楽しめます。

それが、通好みのビオトープです。

睡蓮、これを使うことでビオトープが輝きます。神々しい、感じがするようになります。それは仏教においてハスのような役目であり、ハスはでか過ぎて、一般家庭では不可能ですが、睡蓮ならば育てることができます。

そういう睡蓮を使ってレイアウトできるのですが、熱帯魚ショップというところにいくと、熱帯性睡蓮とかいていあるものが売られているので注意して下さい。これは、育ちません。冬に枯れ果ててしまいます。

一応、温帯地方なので、それなりの物が必要です。園芸コーナーであれば大丈夫でしょう。