ビオトープの壺 - 家をくつろぎの空間に!





ビオトープのレイアウト植物−ホテイアオイ、ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス







ビオトープのレイアウト植物−ホテイアオイ、ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス





植物の情報


植物のなまえ(和名) ホテイアオイ、ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス
植物のなまえ(英語名) Common Water Hyacinth
学名 Eichhornia crassipes (Martius) Solms-Laubach
タイプ
屋外で越冬可能? 関東より南の温暖地では越冬可能ですが、一般的な関東平野部では冬に枯れてしまいます。
説明 日本でビオトープといえば、これしかない。これにはじまり、これに終わるというくらいにホテイアオイがあふれています。

どれだけホテイアオイが好きなのだろうか?というくらいに植木屋さんでも売られています。あまりに売られすぎていて、有り難みがないのですが、これだけ増える種類が毎年売られているのか?

というと、毎年枯れるからです。冬には枯れます。でも、買ってしまいます。何回買ったか記憶がありません。室内へ避難すると日光が弱くて枯れてしまいます。

強光と温暖な気候が必要な最強にして最高な浮草です。

この浮草が最高なのは、増えまくる、花が綺麗、水質浄化能力が高い!

これにより、最強の浮草です。でも、冬に枯れますので、毎年買わなければなりません。温暖な地域では増える一方で河川で繁茂しすぎて、水路に詰まってたいへんなことになっています。

浄化能力は、濁っていた池でもいくつかいれると、透明な水に変わります。また、水が綺麗すぎると、成長せず、増えません。





植物を使ってビオトープをレイアウト